文字サイズ
標準
拡大

食肉情勢(令和6年2月)

牛肉

供給

(1)国産
 12月の成牛と畜頭数は、97.5千頭(前年比98.9%)と前年を下回った。内訳を見ると、和牛:47.9千頭(前年比102.1%)、交雑牛:23.3千頭(同101.5%)、乳牛去勢:10.5千頭(同94.3%)となった。
 1月の成牛と畜頭数は、速報値(1月31日まで集計)で85.2千頭(前年比101.6%)と前年を上回る見込みとなった。
 (独)農畜産業振興機構の需給予測(1月29日公表)によると、1月の出荷頭数は、交雑種は増加が見込まれるものの、和牛、乳用種では減少が見込まれることから、前年を下回ると予測し、2月は、乳用種の減少が見込まれ、和牛、交雑種で増加が見込まれることから、前年同月を上回ると予測する。(1月 83.3千頭(前年比98.8%)、2月 85.0千頭(同102.0%))。そのため、3か月平均(12月~2月)では、出荷頭数91.2千頭(前年比102.6%)、生産量29.2千トン(同103.3%)と前年を上回る予測となっている。
(2)輸入
 12月の輸入通関実績は、全体で36.1千トンと前年を下回った(前年比96.4%、前月比108.0%)。内訳ではチルド:15.0千トン(前年比97.3%、前月比103.9%)、フローズン:21.1千トン(前年比95.8%、前月比111.2%)となった。輸入相手国別では、チルドは豪州、ニュージーランドが増加したが米国は減少し、フローズンは豪州、米国、カナダが減少した。
(参考:形態別相手国別輸入数量)
チルド:豪州6.9千トン(前年比107.5%)、米国6.8千トン(同89.4%)、ニュージーランド0.6千トン(同121.0%)、カナダ0.3千トン(同66.8%)、メキシコ0.2千トン(同93.2%)
フローズン:豪州9.0千トン(前年比98.8%)、米国8.0千トン(同99.4%)、カナダ1.8千トン(同84.2%)、ニュージーランド1.3千トン(同101.9%)、メキシコ0.5千トン(同111.5%)
 (独)農畜産業振興機構の需給予測によると、チルドは1月、2月は、豪州産が生産量の増加から輸入量が増加するが、全体の輸入量が少ないため、1月は前年同月を下回ると見込んでいるが、2月は上回ると見込んでいる。フローズンは、1月は輸入先全体の輸入量が少ないことから前年同月を下回ると見込み、2月は生産量の増加から豪州産の輸入量が増加するものの前年同月を下回ると見込んでいる。3か月平均でも、チルド、フローズンともに下回ると見込んでいる。
令和6年1月 合計:36.4千トン(前年比91.2%)、チルド:15.5千トン(同96.5%)、フローズン:20.9千トン(同87.8%)
令和6年2月 合計:34.3千トン(前年比90.3%)、チルド:13.5千トン(同101.5%)、フローズン:20.8千トン(同84.4%)
直近3か月(12月~2月)平均 合計:35.5千トン(前年比92.3%)、チルド:14.7千トン(同98.4%)、フローズン:20.8千トン(同88.6%)

需要

(1)家計
 総務省発表の12月度家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり牛肉購入量は654g(前年比100.3%)、支出金額が3,025円(同98.1%)となり、購入量は前年並みだったが、支出金額は前年を下回った。(※2019年度同月比:購入量 88.6%、金額 101.0%)
(2)小売
 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の12月の販売統計速報によると、畜産部門の売上高は1,395.4億円(前年比99.7%、既存店ベース99.2%)と前年並みとなった。精肉全般で相場高傾向のなか、牛肉から豚肉や鶏肉に需要がシフトする傾向が続いている。前年の鳥インフルエンザからの反動もあり、相場が安定している鶏肉が最も好調に推移した。牛肉は年末商戦での鍋物用のブランド牛や和牛は、売上を確保した店舗が多かったが、それ以外は不振となった。豚肉も国産、輸入ともに高値で伸び悩んだ。ハム・ソーセージの加工肉は引き続き動きが鈍い。
 日本チェーンストア協会が公表した12月販売概況によると、畜産品の売上は1,094.6億円(店舗調整後で前年比98.3%)となり、前年を下回った。鶏肉の動きは良かったが、牛肉、豚肉の動きは鈍かった。鶏卵、ハム・ソーセージの動きは良かった。
(3)外食
 日本フードサービス協会がまとめた外食産業市場調査12月度結果報告によると、コロナ「5類」移行後初めての年末となり、忘年会やクリスマス、帰省などで外食需要が好調に推移し、インバウンド需要も引き続き好調で、全体売上は前年比111.0%、2019年比では111.2%となった。4年ぶりにコロナによる行動制限のない忘年会シーズンを迎え、飲酒業態では法人宴会の回復が見られた。
業態別;
①ファーストフード 前年比109.5%、2019年度比123.0% クリスマス・年末需要が全ジャンルで好調となり、価格高めの商品が堅調で、客単価が上昇した店舗もあった
②ファミリーレストラン 前年比112.4%、2019年度比103.7% 年末年始は宴会需要の回復もあり、店舗によって高価格商品が好調だった。焼肉店は食べ放題業態が好調で忘年会需要の復活もあった
③ディナーレストラン 前年比113.9%、2019年度比95.0% 引き続きインバウンドの需要が旺盛で、法人宴会が回復傾向となった
④居酒屋 前年比118.6%、2019年度比64.4% 大規模な宴会は少ないものの、中小規模宴会が増え、これまで戻りが鈍かった法人の宴会も回復傾向となった
(4)輸出
 12月の輸出実績は909.4トン(前年比103.6%)と前年を上回った。台湾向け(216.3トン、前年比117.2%)は上回ったが、香港向け(144.9トン、前年比88.8%)および米国向け(143.2トン、前年比82.6%)は前年を下回った。また、カンボジア向け(100.0トン、前年比120.6%)は前年を上回ったが、不安定な状況が続いている。

在庫

 (独)農畜産業振興機構の需給予測によると、12月末の推定期末在庫量は129.8千トン(前年比83.5%、前月比93.5%)と前年を下回る。内訳は、輸入品;117.2千トン(前年比82.0%、前月比93.0%)、国産品;12.6千トン(同99.4%、同98.4%)となり、輸入品が前年実績を下回り、国産品は前年並み。なお、今後の期末在庫の推移は、1月末;126.1千トン(同81.3%)、2月末;122.3千トン(同79.0%)と、1月、2月ともに前年を下回ると見込まれている。

市況

(1)1月~2月
 1月の東京市場枝肉卸売価格(速報値;1月31日時点)は、和牛去勢A5が2,615円(前年比102.4%)、A4が2,332円(同101.8%)、交雑去勢B3が1,526円(同104.0%)、乳牛去勢B2が866円(同93.9%)であった。
 12月末の荷動きが良好だったことから、市中在庫が減少し補充買いが起こるなど、例年より需要が高まり相場は総じて強含みで推移した。
 2月については、うるう年のため「肉の日」が通常の2/9に加え2/29もあることに加え、決算期を迎える量販店が多くセール等に期待出来ることから需要喚起に期待が出来るものの、消費者の生活防衛意識が依然として高いことや暖冬傾向から鍋物需要が弱いことなどから、需給が引き締まるまでには至らず和牛・交雑ともに弱含みでの推移を見込む。一方で、乳牛去勢は需給バランスが改善してきているものの、限定的であることから前月から横ばいでの推移が見込まれる。

豚肉

供給

(1)国産
 12月の全国豚と畜頭数は、1,462千頭と前年並み(前年比99.9%)。地域別と畜頭数(数値は前年同月比);北海道100.7%、東北99.3%、関東101.6%、北陸甲信越98.0%、東海99.8%、近畿102.5%、中四国102.0%、九州・沖縄98.6%
 1月の全国と畜頭数は、1,404千頭(速報値1月31日まで集計、前年比101.4%)と前年を上回る見込みとなった。なお、稼働日数は昨年より1日少なく、1日当たりの平均と畜頭数は73,874頭(前年実績:72,853頭/日、前年差1,021頭/日)となった。
 肉豚生産出荷予測(農水省食肉鶏卵課;1月23日付け)によると、2月;1,319千頭(前年比101%)、3月;1,437千頭(同98%)、4月;1,409千頭(同106%)、5月:1,330千頭(同97%)、6月:1,307千頭(同98%)であり、今後5か月間の合計頭数は前年比約99%と前年並み。
(2)輸入
 12月の輸入通関実績は、豚肉全体で67.8千トン(前年比98.3%、前月比90.5%)と前年を下回った。内訳は、チルドが30.9千トン(前年比115.9%、前月比86.5%)、フローズンは36.9千トン(同87.2%、同94.1%)となった。国別でみると、チルドではカナダ、米国が増加し、フローズンでは米国、チリが増加し、デンマーク、スペイン、メキシコが減少した。
(参考)形態別相手国別輸入数量
チルド;カナダ13.9千トン(前年比142.3%)、米国13.6千トン(同100.7%)、メキシコ3.4千トン(同99.6%)
フローズン:スペイン11.6千トン(前年比84.3%)、メキシコ6.1千トン(同85.0%)、米国4.0千トン(同181.6%)、デンマーク3.2千トン(同68.5%)、チリ3.1千トン(同107.6%)
 (独)農畜産業振興機構の需給予測(1月29日公表)によると、1月の輸入量:71.5千トン(前年比95.5%)と下回り、2月の輸入量:70.8千トン(同99.4%)と下回ると見込まれる。チルドは、1月は北米産の現地相場高の影響から、前年を下回ると見込まれ、2月は前年のカナダ産の輸入量が入船遅れの影響により少なかったため、前年を上回ると見込まれる。フローズンは、1月は、現地相場高騰の影響によりデンマーク産の輸入量が少なかったこと等から前年を下回ると見込まれ、2月は紅海周辺の情勢悪化により物流の混乱等が生じ、欧州産の輸入量が減少することから、下回ると見込まれる。
令和6年1月:合計71.5千トン(前年比95.5%)、チルド32.0千トン(同92.6%)、フローズン39.5千トン(同98.0%)
令和6年2月:合計70.8千トン(前年比99.4%)、チルド31.9千トン(同103.3%)、フローズン38.9千トン(同96.4%)
直近3か月(12月~2月)平均:合計70.8千トン(前年比98.9%)、チルド32.0千トン(同104.4%)、フローズン38.8千トン(同94.7%)

需要

(1)家計
 総務省発表の12月度家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり豚肉購入数量は2,021g(前年比101.3%)、支出金額が3,060円(同100.4%)となり、購入量は前年を上回ったが、金額は前年並みとなった。(※2019年度比:購入量 107.3%、金額 114.0%)
(2)小売
 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の12月の販売統計速報によると、畜産部門の売上高は1,395.4億円(前年比99.7%、既存店ベース99.2%)と前年並みとなった。精肉全般で相場高傾向のなか、牛肉から豚肉や鶏肉に需要がシフトする傾向が続いている。前年の鳥インフルエンザからの反動もあり、相場が安定している鶏肉が最も好調に推移した。牛肉は年末商戦での鍋物用のブランド牛や和牛は、売上を確保した店舗が多かったが、それ以外は不振となった。豚肉も国産、輸入ともに高値で伸び悩んだ。ハム・ソーセージの加工肉は引き続き動きが鈍い。
 日本チェーンストア協会が公表した12月販売概況によると、畜産品の売上は1,094.6億円(店舗調整後で前年比98.3%)となり、前年を下回った。鶏肉の動きは良かったが、牛肉、豚肉の動きは鈍かった。鶏卵、ハム・ソーセージの動きは良かった。
 月前半は、暖冬の影響から肉豚の成育が順調に進み、約70,000頭/日を超えたことから需給が緩んだ。月後半は、例年並みの気候になり肉豚生育にやや影響が出たことと、年始の節約志向の反動などから需要が一時的に回復し需給が引き締まった。
(3)加工品
 日本ハム・ソーセージ工業協同組合発表の12月の豚肉加工品仕向量は27.6千トン(前年比82.9%)と、加工品の値上げによる販売不振は続き、前年を下回った。内訳は、国産原料5.4千トン(前年比86.6%)・輸入原料22.2千トン(同82.1%)となった。なお、上記仕向量とは別枠のシーズンドポークは10.0千トン(前年比104.6%)と、上回った。

在庫

 (独)農畜産業振興機構の需給予測(1月29日公表)によると、12月末の推定期末在庫量は191.5千トン(前年比93.3%、前月比93.7%)となり、前年を下回った。内訳は、輸入品;170.1千トン(前年比91.8%、前月比92.3%)と前年を下回り、国産品;21.4千トン(同107.9%、同105.9%)と前年を上回った。また、今後の期末在庫は、1月は191.2千トン(同92.3%)、2月は191.3千トン(同91.5%)と前年を下回って推移するものと見られる。

市況

(1)1月~2月
 1月の東京市場枝肉卸売価格(速報値;1月31日時点)は、491円/kg(前年比92.6%)と前年を下回った。出荷頭数が安定的に推移したことに加え、暖冬の影響から鍋物需要が例年より盛り上がらなかったため、需給が緩み弱含みで推移した。
 2月については、農水省の出荷予測では前年を上回る見込みではあるものの、寒波の到来などにより肉豚の成育遅れや交通障害による出荷遅れなどが発生するリスクや、3連休が月内に2度あることなどから、実需者が早めに手配を行うことが見込まれるため、需給が引き締まり強含みで推移することが見込まれる。

ページトップ